仙台市泉中央AEAJ総合資格認定校アロマスクール ホワイトローズ

アロマテラピーについて
  1. >

アロマテラピーの注意事項について

精油を直接肌に塗ったり、飲んだりしてはいけません。
火気には十分注意しましょう。
子供やペットの手の届かない場所に保管しましょう。
精油の保管は、キャップをしっかりしめ、高温多湿を避け、冷暗所に保管しましょう。

合成オイルと混同しないようにしましょう。
妊産婦、お年寄り、既往症のある方は、専門家にご相談の上ご使用下さい。

3歳未満のお子様には、芳香浴以外の使用はおすすめしません。小さな子供はまだ抵抗力が弱く、体重も少ないため、精油の影響を受けやすいといわれています。
3歳以上のお子様でも、大人より少ない量で使用しましょう。

ベルガモット精油やレモン精油など、柑橘系精油の中には、日光によって反応し肌に刺激を与える成分(光毒性のある成分)が含まれている事があります。
外出前や外出中に使用する際はご注意ください。
精油を目に入れないように注意しましょう。

対処法:

  • 香りに敏感になっている時は濃度を薄くして行う。
  • 原液が皮膚についたらすぐに水で洗い流す。
  • 香りが不快に感じたら窓を開けて換気する。
  • 使用方法について迷ったら専門家に相談する。

アロマテラピーで広がる女性たちの夢と未来をサポート致します

アロマテラピーで広がる女性たちの夢と未来をサポート致します

アロマテラピーで広がる女性たちの夢と未来をサポート致します

アロマテラピーについて
アロマテラピーの精油について
アロマの注意事項